長谷川矯正歯科の院長紹介

.jpg

院長名

長谷川信也

 

ご挨拶

『矯正歯科治療は山登りだ! 』
矯正歯科治療にたずさわって30年が経過しました。
経験を積む程、矯正歯科治療の奥深さを感じています。
矯正歯科治療は、山登りと共通する面がたくさんあります。
まずは、今から登ろうとしている山は、六甲山なのか富士山か、はたまた世界最高峰エベレストなのか見極めなければなりません。
また、冬場の雪山やロッククライミングが必要な岩山など、その条件により準備する装備も全くことなってきます。
次に、目標として「山の頂上を目指すのか?途中の見晴らしのよい場所を目指すのか?」
にもよります。
これらは、「治療の難易度であったり、時間をかけて全体の矯正治療を行うか?
または出来るだけ短期間に最も気になるところを治療するのか?」と共通します。
目標は患者様の希望もお聞きしてお話の上決めます。 目標が決まれば、次はルート探しです。
これは、精密な検査資料を基に、我々矯正歯科医ができるだけ多くのルートを探し出し、ご提案します。
それぞれのルートの良い点、悪い点を事前にお話し、患者様とご一緒にルート、すなわち治療方法を決定していきます。
ルートが決まれば次は計画に従い一歩一歩確実な歩みの上でゴールを目指します。
そしてゴールにたどり着いたとき、すなわち、装置をはずし皆様の笑顔を見たときに、責任を果たした満足感が、矯正歯科医の大きな幸せです。

 

略歴

昭和53 大阪歯科大学卒業
昭和56年 矯正歯科専門歯科医院にて勤務
明石市大明石町に長谷川矯正歯科開設
昭和60年 明石市鍛治屋町に移設
昭和63年4月~
平成5年3月
大阪大学歯学部歯科矯正学教室非常勤研究生
日本矯正歯科学会認定医
平成4年11月 育成医療指定機関の指定
平成15年5月 顎口腔機能診断施設(顎変形症保険医療機関)の指定


■ 日本矯正歯科学会
■ 近畿東海矯正歯科学会
■ 日本口蓋裂学会
■ 日本舌側矯正歯科学会
■ 日本顎変形症学会
■ Tip Edge研究会